×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

柔道整復師に関する総合情報サイト

太郎のホームページは現在改装中です。
ところどころに不具合がありますが、
今しばらくご辛抱ください。m(__)m

学生向けFOR STUDENT



認定実技審査 | 認定実技審査に関連したBlog | 包 帯

認定実技審査


11月中の日曜日に、各学校では認定実技審査が実施されます。

まず、認定実技審査における「整復実技」では、以下の15項目の中から出題されます。

【骨折】
(1)鎖骨骨折(中外1/3境界部定型的骨折)
(2)上腕骨外科頸外転型骨折
(3)上腕骨顆上伸展型骨折
(4)前弯骨骨幹部骨折(小児橈尺骨骨幹部遠位骨折)
(5)前腕骨遠位端部骨折(Colles骨折)

【脱臼】
(1)顎関節脱臼(前方脱臼/両側脱臼)
(2)肩鎖関節脱臼(上方脱臼)
(3)肩関節脱臼(前方脱臼/烏口下脱臼)
(4)肘関節脱臼(前腕両骨後方脱臼)
(5)膝蓋骨脱臼(側方脱臼/外側脱臼)

【軟部組織損傷】
(1)肩部損傷(肩腱板損傷・上腕二頭筋長頭腱損傷)
(2)大腿部損傷(大腿四頭筋損傷・ハムストリングス損傷)
(3)膝部損傷(内側側副靭帯損傷・外側側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷・
               後十字靭帯損傷・内側半月損傷・外側半月損傷)
(4)下腿部損傷(下腿三頭筋損傷・アキレス腱断裂)
(5)足部損傷(距腿関節の外側靭帯損傷)


また、「柔道実技」では、以下の項目からの出題です。

【柔道実技】
(1)礼法
(2)受身(左右前方回転受身)
(3)形(男子は投の方 [手技・足技・腰技] のうち1つ、
               女子は投の形もしくは柔の形 [第一教] のうち1つ)
(4)乱取

(手技)浮落・背負投・肩車
(腰技)浮腰・払腰・釣込腰
(足技)送足払・支釣込足・内股
(柔の形第一教)突出・肩押・両手取・肩廻・腮押

平成23年10月10日



認定実技審査に関連したBlog

太郎のひとりごと
認定実技審査を控えている人たちへ
認定実技審査を控えている3年生の皆さんへ
今年度の認定実技審査が始まる
認定実技審査−教科書どおりでなくても可
太郎のひとりごと
テーピングシザースの受け渡し方法−前編
テーピングシザースの受け渡し方法−後編
固定時に誤りやすい前腕の肢位
上肢台(または下肢台)の持ち運び方法
太郎のサイト外
認定実技審査制度 ← 財団法人柔道整復研修試験財団のサイト内

平成23年10月10日



包 帯

包帯


柔道整復師にとって包帯は、切っても切れない関係にあります。

太郎が学生のころは、「包帯は柔道整復師の命だ!」なんて教えられました。
ですから、包帯を巻く実習で手が滑って、これを落としたときには大変!
「お前は命(包帯)を落とすのか!」って、先生に叱られたものです。

その名残りは今もあって、包帯実技の試験で包帯を落としてしまうと、不合格になる可能性もあるほどです。

なお、画像の包帯は、上下の端(耳)が青く染められていますね。
これは、学生が巻くとき、きれいに巻けてあるか確認しやすいようにした練習用の包帯です。

平成23年10月10日


information

整骨太郎とは

開業柔道整復師として接骨院を開業しながら、柔道整復師養成施設(専門学校)では教鞭を執っている、やや真面目な普通の柔道整復師です。

太郎のプロフィール(Blog)

記事のご利用について

太郎のホームページやBlogに掲載した記事は、ご自由にご利用ください。
なお、掲載した記事は必要に応じて裏付けの確認などに努めていますが、記事のご利用によってもし損害が生じても、一切責任を負うことができません。

リンクについて

太郎のサイトへのリンクは、ご自由に貼って下さい。
ただし、アダルトサイトなどへの勧誘を目的としたリンクはご遠慮ください。

太郎への連絡

現在、太郎はメールアドレスを公開していません。m(__)m


2007年4月1日から